家族の精神疾患にどう対処するか

今や何らかの精神的な疾患に罹患する人は、5人に1人と言われています。また精神疾患は5大疾病の一つとして挙げられています。

精神疾患はとても身近な病気ですが、周りの理解が得られづらいという課題も感じています。ケガや身体的な病気のように目に見えるものではないためしょうがない面もありますが、当事者や家族の苦労ははかりしれません。

まるで自分や家族の人生を奪われてしまったかのように感じることはありませんか?

なんで?どうして?と、ぶつけようのない感情を感じていませんか?

金沢心理カウンセリングルームJONでは、そんな家族の精神的な不調に対するご相談をお受けしています。

身近な人が精神疾患・発達障害などである場合に、どう関わっていけばいいのかを一緒に模索していきます。疾患の情報提供や一般的に良いとされている関わり方をお伝えしていきます。さらに、家族の特性やキャラクターや疾患に合わせて、一緒に考えていければと思っています。

家族の誰が疾患で苦しんでいるのかもとても大切な要素です。夫婦の支え合い、子どもの協力など、さまざまな視点から、家族の強みを見つけ出し、活用して、問題を解決していきましょう。

「家族の精神的な不調」に関する最新投稿