アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは

もとはアルコール依存症を親に持つ子どもという意味で使われていた言葉ですが、広く機能不全のもとで育った人として使われるケースが多くなっていると思います。

機能不全家族とは、過度に厳しかったり、放置されたり、理不尽だったり、虐待があったりなど、親の養育的な態度がない環境や家族のことです。

自尊心の低下、自己不全感など、いわゆる「生きづらさ」としての様々な影響が見られます。

ただし、「アダルトチルドレン」とは、病名でも診断名でもなく、その基準や定義においても特に決まったものがなくあいまいな概念だと思います。

一つ言えることは、その人自身が生きづらさを感じているということ、その辛さに対する癒しと回復が必要であるということだと考えています。

回復と癒し

機能不全家族とその問題を複雑性トラウマとして捉えるとその回復と癒しの方法についての方向性が見えてくると考えています。

とはいえ、現時点で直面している現実的な問題に対する対処をともに検討していくことも必要です。

平行して、リラクゼーションスキルを得たり、安心・安全を感じられるような居場所や活動を設けたり、準備を整えて、克服したい過去の出来事や未完了の経験について向き合っていくということを地道に行っていくことで、回復と癒しをもたらすことができると思います。

日本カウンセリングオフィスでできること

上記でお伝えした、回復と癒しに向けて、安全感の確保、リラクゼーションスキルの獲得、認知行動療法、エモーション・フォーカスト・セラピーなど、カウンセリングを通して回復と癒しを進めていきます。

ぜひ一度、日本カウンセリングオフィスにご相談ください。