不安症/不安障害

不安症/不安障害とは 精神疾患の診断に使われるDSM-5では、全般性不安症、特定の恐怖症、社交不安症、パニック症などに分類しています。 症状としては、 どんなことにも不安を強く感じ ...

うつ病

うつ病とは 精神疾患の診断に使われるDSM-5では、少なくとも(1)抑うつ気分、または(2)興味または喜びの喪失 のどちらかがあること。その他、体重の変化や食欲の減退または増加、不 ...

家族関係・人間関係

カウンセリングで受ける相談の内容としては、人間関係のことがとても多いです。 特に人との接し方や距離の取り方に課題を感じている方が多くいらっしゃる印象です。 世の中には価値観の異なる ...

カウンセリングの効果

人生とは悩みに満ちている。 私は一度も悩みを持ったことがない人に出会ったことがありません。 世の中には悩みを持たない人もいるのかもしれませんが、大抵の人間は悩みを持ちます。 生きて ...

カウンセリングの効果

カウンセリングの効果とは・・・ カウンセリングは多くの場合、対話を通してクライアントの悩みや問題の解決、成長と癒しを目指していきます。 単に話しをするだけでとれだけの効果があるのか ...

精神障害者の就労

精神障害者の就労支援を行っていて、自分の特性や症状をうまく人に伝えられない方に多く出会います。障害者雇用は、障害があるということを前提にした雇用です。事業主にとって、どのような障害 ...

リラクゼーションスキルの構築

あなたの睡眠の質は良いですか? 睡眠は生活の中でとても重要なものです。 質の良い睡眠は、充実した生活に欠かせないものです。 人生の約3分の1は睡眠に充てられます。 その大切な時間を ...

深い傷つき

カウンセリングにおいて、深い傷つき体験からどのように回復するかについて書いてみました。回復のステップについて書いています。   深い傷つき体験の影響 日々の生活の中でとて ...

双極性障害

双極性障害は、うつと躁の状態を繰り返すという精神疾患の名称です。 うつと躁の状態を繰り返すところに特徴があり、患者や家族は苦労が多い疾患です。 最近は脳科学の発展があり、双極性障害 ...

認知行動療法

認知行動療法の発展 認知行動療法は、認知、行動、感情が互いに影響し合うというモデルで、それまでの精神分析のような目に見えない心象や無意識への探索的な手法とは違い、行動面にフォーカス ...