不安症/不安障害

2019年1月22日

不安症/不安障害とは

精神疾患の診断に使われるDSM-5では、全般性不安症、特定の恐怖症、社交不安症、パニック症などに分類しています。

症状としては、
どんなことにも不安を強く感じる(将来の不安、人の視線や自分への評価に対する不安など)、
特定の対象に対する恐怖や不安、
電車や人ごみ・人前など、特定の場所や状況で、動悸、息切れ、発汗、吐き気、などの発作が起きる、
などがあります。

不安は未来に対しての思索です。不安そのものは自然な感情の一つで、適応的なものではあるのですが、程度が激しく日常生活に支障をきたす場合に、疾病・障害となります。

また特定の対象に対する恐怖は、過去の記憶やトラウマに紐づいていることがあります。

不安症/不安障害の治療法

薬物療法と心理社会的な治療法の大きく二つに分類されます。薬物療法は抗うつ薬や抗不安薬が多く用いられます。心理社会的な療法としては、認知行動療法が主流でよく使われています。
人によってはカフェインの摂取を止めることで、不安やパニックがなくなるか軽くなる方もいます。

日本カウンセリングオフィスでできること

不安を和らげ、適応的な考え、行動ができるように導いていきます。不安の元をたどっていくと、過去のトラウマティックな出来事が原因であることも多くあります。
根本から解決するために、そのようなトラウマの克服をお手伝いすることもあります。

日本カウンセリングオフィスにぜひ一度、ご相談ください。