呼吸法

2018年11月25日

呼吸法

呼吸は多くのリラクゼーション法に取り入れられている基本的だけどとてもパワフルなスキルです。

なぜ呼吸なのか

自律神経という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

自律神経を構成している交感神経と副交感神経のバランスが悪くなると、
身体に様々な悪影響がでてきます。

また、自律神経は内臓器官の機能や働きに関わるものですが、
私たちの意志でコントロールできないものです。

ストレス過多の現代において、意識的にリラックスや落ち着きを得ることがとても大切になってきます。
では、どのようにすればいいのか、その答えが「呼吸」にあるのです。

呼吸は人間がコントロールできるもので、
深くゆっくりと行う腹式呼吸が副交感神経を優位にさせ、
リラックスや落ち着きを得ることができるのです。

 

呼吸法のポイント

私がお伝えする呼吸法のポイントをあげると、
・ゆっくり、ゆったり。
・楽に。
・吸うときは鼻で、吐くときは口で。
・吐く時の方が長く。
・腹式で。
だいたいこんな感じでしょうか。

いろんなやり方があると思うので、自分に合ったやり方を見つけていきます。

セッションでは、自律神経の話や腹式呼吸のメリットなどの情報も知識としてお伝えしています。

 

呼吸法の発展系スキル

さらにスキルとして活用していく上で、この基本の呼吸法に追加して、重心やイメージを使ったスキルも発展系としてお伝えしています。

ストレスのかかる場面、苦手な人と対峙する場面、良好な人間関係・家族関係の維持、不安・うつ・トラウマ症状への対処など本当に幅広く応用できるスキルです。

セッションでこの呼吸法のスキル習得を丁寧に行っていくことで、問題の解決に大いに役立ったという声をたくさんいただいているので、そのパワーを実感しています。